coinbookとアトノイ、「Solana」を採用した日本国内初となるNFTプロダクト「NFTex.Solana」を開発



coinbookとアトノイは、11月24日、ブロックチェーン「Solana」を採用した日本国内初となるNFTプロダクト「NFTex.Solana」の開発を行うと発表した。

NFTマーケットにおいて予てより課題となっていたトランザクションコスト(Gas代)の低減およびトランザクションスピードの改善、 暗号資産時価総額で上位5種に入るブロックチェーン「 Solana 」の国内での初めての取り扱いにより暗号資産ならびにNFTの一般化を目指すべく、 coinbookが事業開発を担当し、 Solana Blockchainの導入支援をアトノイが担当する。

【 基本情報 】
プロダクト名: NFTex.solana
よみ:ねふてっくすそらな
ロゴ

サービス開始日:2022年2月予定

【主な機能・仕様】
国内初となるSolana Blockchain上でNFTの発行、 移転ができるマーケットプレイス静止画・動画・音声のデジタルコンテンツの取り扱いが可能
発行手数料(100円/回※1)と移転手数料(10円/回※1)が安価かつ移転速度が高速
販売方式は価格指定販売とオークション販売の2方式
決済手段はクレジットカード・暗号資産(ETH)・銀行振込の3手段
コンテンツストレージは「Arweave」「NFTStorage」を採用※2

※1 2021年11月3日時点のSOL価格で換算、 記録するデータ量に応じて増減。
※2 https://www.arweave.org/
 https://nft.storage/
arweaveはIPFS/Filecoin等と異なり、 レスポンスが速く「永久保存」を唯一謳っている分散ストレージサービス。

【概要】
NFTex.solanaは、 暗号資産を用いたデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するプロダクト。
真贋証明等各種権利証明機能、 コミュニティ機能、 NFTの発行、 販売、 オークション機能等一般的なNFTのマーケットプレイス機能全般の他、 既存のECサイトでの暗号資産商品の導入やポイントの相互交換機能等多機能であることが特徴で、 coinbook運営マーケットプレイスとしてだけでなく既存の外部企業様の事業への導入も可能な製品となっている。

【Solana Blockchainの特徴】 ( https://solana.com/)
世界最速のブロックチェーン
毎秒50,000トランザクション
トランザクション完了時間が世界最速(0.5~0.8秒)
トランザクション手数料が安く利用ユーザーの代わりに、 NFT発行体側が代理で支払うことが可能なのため、 最適なユーザーエクスペリエンス(UX)の提供が可能
Ethereumとの互換性をもつことでEthereumのエコシステムと共存可能
ワームホールという仕組みを使うことで、 ERC721のNFTがSolana上でも存在することが可能になり、 Solana <--> Ethereum間で相互移動が可能になった