コナミ、野球ゲームを巡る知的財産権の侵害でgloopsを提訴・・・gloopsは侵害の事実を否定

コナミデジタルエンタテインメントは、本日(9月5日)、GMS(現 gloops)に対し、コナミの知的財産権の侵害に対する差し止めと損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した、と発表した。 コナミのリリースによれば、コナミでは、gloopsが「Mobage」で運営する「大熱狂!!プロ野球カード」が「GREE」で運営する「プロ野球ドリームナイン」のゲームシステムや画像・演出に関するコナミの知的財産権を侵害するものととらえており、gloopsに警告を行ってきたが、真摯な対応が見られなかったため、過去の侵害に対する責任を追及するとともに、将来の侵害の停止を目的として提訴するに至った、としている。 一方、このリリースに対して、gloopsでは同日、リリースを同社HP上に発表し、現時点で訴状を受け取っていないため、具体的なコメントは差し控えるとしながら、「コナミの知的財産権を侵害していないと認識しております。」としている。 同時に、この間の事実経過も明らかにしている。gloopsによれば、8月25日にコナミから「大熱狂!!プロ野球カード」の配信を停止するよう警告書が送付されていたものの、コナミの知的財産権の侵害とする事項が曖昧であったため、gloopsでは、警告書に対する回答と対応方針を外部の専門家を交えて検討していた矢先だったという。 なお、gloopsによれば、本件に関して、gloopsに直接、取材もしくは問い合わせを行ってきたメディアは一切なかったとのこと。
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
https://www.konami.com/games/corporate/ja/

会社情報

会社名
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
設立
2006年3月
代表者
早川英樹
決算期
3月
直近業績
当期純利益162億5000万円(2017年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る