【ゲーム株概況(12/3)】子会社の新作配信控えるクルーズが反発 流通株式比率向上への施策を発表のコーテクHDは需給面への懸念が先行 コムシードは一転S安

  • 12月3日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比276.20円高の2万8029.57円で取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン型の感染拡大への警戒感で大きく売られてきたことへの自律反発の動きもあり、終値ベースで4日ぶりに2万8000円台を回復した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ブロッコリー<2706>が7営業日ぶりに大幅反発したほか、壽屋(コトブキヤ)<7809>やバンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>、ブシロード<7803>などが買われた。

    子会社StudioZの最新作『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』の正式サービス開始を来週12月8日に控えるクルーズ<2138>は反発し、終値ベースで5日ぶりに4ケタ大台を回復した。

    半面、前日12月2日に東証の新市場区分でプライム市場を選択し、上場維持基準を充たしていない「流通株式比率」向上のための施策として、「2024年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債の発行」と「自己株式の取得及び自己株式の公開買付け」を用いたスキームを発表したコーエーテクモHD<3635>は、需給面への懸念が先行する形となり、3日ぶりに反落した。

    ほか、グリー<3632>や任天堂<7974>、カプコン<9697>などがさえない。

  • 前日まで連日ストップ高となっていたコムシード<3739>は、500円台まで買われた後、一転ストップ安まで売られた。

クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
売上高357億1400万円、営業利益21億3400万円、経常利益22億4500万円、最終利益14億3300万円(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
2138
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3635
企業データを見る