【ゲーム株概況(1/7)】壽屋(コトブキヤ)が3日ぶり反発 来週に2Q決算の発表控えるケイブが売られる ガンホーは小幅ながら3日続落

  • 1月7日の東京株式市場では、日経平均は小幅続落し、前日比9.31円安の2万8478.56円で取引を終えた。前場は前日の急落への反動から買いが先行したものの、新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感も強く、次第に値を消す形となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、壽屋(コトブキヤ)<7809>が3日ぶりに反発し、enish<3667>やアピリッツ<4174>などが買われた。

    また、キャラクターの中国大陸におけるマスターライセンス契約を更新したと発表したサンリオ<8136>もしっかり。

    半面、ケイブ<3760>やバンク・オブ・イノベーション<4393>が売られ、スクウェア・エニックスHD<9684>やコーエーテクモHD<3635>など大手ゲーム株の一角も安い。ケイブは、来週13日に控える第2四半期決算発表の内容への警戒感もあるようだ。

    大和証券がレーティング「3」を継続し、目標株価を2500円から2750円に引き上げたガンホー<3765>は、小幅ながら3日続落した。

株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高988億4400万円、営業利益301億5700万円、経常利益:302億200万円、最終利益163億6900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3765
企業データを見る
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高410億5300万円、営業損益32億8000万円の赤字、経常損益17億3100万円の赤字、最終損益39億6000万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
8136
企業データを見る