【ゲーム株概況(1/12)】子会社の資本業務提携を材料にSHIFTが買われる BLC/NFT関連で提携のアクセルも高い コンテンツスタジオ買収のサイバーエージェントは続伸

  • 1月12日の東京株式市場では、日経平均は4日ぶりに反発し、前日比543.18円高の2万8765.66円で取引を終えた。米FRB(連邦準備理事会)議長の議会証言を受けて米長期金利の上昇が一服したことに加え、主要なアジア市場が上昇したことも追い風となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、壽屋<7809>が大幅反発し、アルファポリス<9467>やHEROZ<4382>、SHIFT<3697>が買われるなど周辺株の強さが目立った。SHIFTは、子会社SHIFT SECURITYとセキュリティ製品の営業・販売事業を展開するSentryMarkとの資本業務提携を発表したことが市場の関心を集めたようだ。

    また、ブロックチェーン技術およびNFTを活用したビジネスプランニングやシステム構築を行うCryptoLabとの業務資本提携を発表したアクセル<6730>も高い。

    映画やドラマなどの制作を手掛けるコンテンツスタジオのBABEL LABELを買収したことを発表したサイバーエージェント<4751>は続伸した。

    半面、ビーグリー<3981>やNJHD<9421>などがさえず、任天堂<7974>は前日終値近辺でもみ合うも大引けにかけてやや値を崩した。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
株式会社アクセル
https://www.axell.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社アクセル
設立
1996年2月
代表者
代表取締役社長 松浦 一教/代表取締役副社長 斉藤 昭宏
決算期
3月
上場区分
東証一部
証券コード
6730
企業データを見る