【ゲーム株概況(1/13)】メタバース関連のグリーやGFAが物色対象に 1Q決算で営業赤字転落のワンダープラネットが大幅反落 東宝は3Qの収益鈍化を嫌気

  • 1月13日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比276.53円安の2万8489.13円で取引を終えた。国内での新型コロナウイルスの感染が急拡大していることが市場に影を落とした。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体にさえない動きが目立つ中で、グリー<3632>やGFA<8783>、日本ファルコム<3723>などが買われた。目立った材料もなく、手探りの状況において、メタバース関連を切り口にグリーやGFAなどが物色の対象となったようだ。

    『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』初の3DCGライブで、独自の技術ALiS ZEROを使い、モーションキャプチャー収録、CGモデル・アニメーションの制作を担当していたユークス<4334>もしっかり。

    半面、前日12日に発表した第1四半期決算が1億3000万円の営業赤字となったワンダープラネット<4199>が大幅反落し、HEROZ<4382>やSHIFT<3697>、ギークス<7060>なども売られた。

    東宝<9602>は、第3四半期累計決算は大幅増収増益となったものの、9~11月期間では収益が鈍化したとの見方から3日ぶりに反落した。

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4199
企業データを見る
東宝株式会社
https://www.toho.co.jp/

会社情報

会社名
東宝株式会社
設立
1932年8月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 島谷 能成
決算期
2月
上場区分
東証一部
証券コード
9602
企業データを見る