double jump.tokyo、「N Suite」の先行リリース開始 ブロックチェーン秘密鍵の管理問題を解決



double jump.tokyoは、複数人での秘密鍵管理を可能にするサービス「N Suite」の先行リリースを開始した。

N Suiteは、 NFTの発行などに必要なブロックチェーンの秘密鍵を、 企業が安全かつ効率的に管理することができるサービスとなる。秘密鍵をクラウドで共有管理可能にするとともに、 ワークフロー機能によって、 管理者の承認に基づいて秘密鍵が使用される仕組みを提供する。


 ■N Suiteの特徴



1)複数人で秘密鍵を共有管理
N Suiteが提供するウォレット(N Wallet)により、 クラウドでセキュアに保管した秘密鍵を使って、 暗号資産の送金やNFT発行などの操作を実行可能。

複数人で秘密鍵を共有して使用できるため、 暗号資産の送金やNFT発行などの作業を属人化することなく、 複数人で実施することができる。

※N Walletは、 Chrome Extensionにて提供。

※秘密鍵を保管するクラウドはAWS KMSに対応。 今後、 対応サービスを順次追加予定。

2)ワークフローで秘密鍵の使用を管理
N Suiteで管理する秘密鍵は、 ワークフロー機能で管理者に承認された操作の実行でのみ使用が可能となる。管理者の許可なく秘密鍵を使用されることを防げるため、 管理者が秘密鍵による作業内容を漏れなく把握し、 内部統制を図ることができる。


3) 秘密鍵の使用許可から使用までをオンライン完結
通常、 企業がセキュリティと内部統制の要件を満たす秘密鍵管理をするには、 ハードウェアウォレットを使用するなど、 オフラインの設備と作業が必要となる。

N Suiteの共有管理とワークフロー機能を活用することで、 WEB画面から全ての作業をオンラインで完結させることができる。


4)様々な操作に対応
N Suiteは、 下記の通り、 様々な操作に対応している。 NFT事業を行う企業だけでなく、 仮想通貨の管理が必要な企業やスマートコントラクトの開発を行う企業にも利用でき、 秘密鍵管理の課題解決を提供する。

■今後の展望
N Suiteは、 企業のNFT事業及びWeb3.0領域への参入を滑らかにし、 NFTとその基礎となるWeb3.0の発展を加速するため、 2つの軸でサービスを展開していく。 

1.NFT管理サービスとしての機能の拡充
NFTの発行作業や発行後のNFT管理を効率的に行う機能を強化し、 企業がNFTコンテンツの企画や販売などに集中できる基盤となるように機能を充実させる。

2.企業によるWeb3.0領域への参入を滑らかにする機能の拡充
企業の秘密鍵管理の課題を解決する機能を強化し、 Web3.0の基礎となるブロックチェーン技術を取り扱う上でのハードルを減らす。また、 企業が暗号資産を取り扱う上で負担になっている業務を改善し、 効率的に暗号資産を管理できる機能の拡充も目指す。

■今後の追加予定機能
・マルチチェーン対応(Flowブロックチェーンなどに順次対応予定)
・N Cloud Keyの対応クラウドサービス追加(Microsoft Azureなど)
・N Cloud Keyのハードウェアウォレット対応(Ledgerなど)
・NFTコンテンツ分析機能(N Insight)


■ 利用申込方法
N Suite オフィシャルサイトの「お問い合わせ」より

https://www.nsuite.io/

double jump.tokyo株式会社
https://www.doublejump.tokyo/

会社情報

会社名
double jump.tokyo株式会社
設立
2018年4月
代表者
代表取締役 上野 広伸
企業データを見る