【ゲーム株概況(1/26)】国内証券のレーティング「Buy」設定で任天堂とコーテクHD、コナミHDが買われる M&A業務手掛ける子会社設立のSHIFTも反発

  • 1月26日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比120.01円安の2万7011.33円で取引を終えた。米FRB(連邦準備理事会)による金融引き締めへの警戒感から米国のハイテク株が売られた流れを引き継ぐ展開となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、野村証券が大手ゲーム株のレーティングを一斉に発表したこともあり、そこでレーティング「Buy」とされた任天堂<7974>とコーエーテクモHD<3635>、コナミHD<9766>が買われたほか、「ニュートラル」とされたバンダイナムコHD<7832>とスクウェア・エニックスHD<9684>もしっかり。

    また、Aiming<3911>やアピリッツ<4174>、オルトプラス<3672>、coly<4175>なども高い。

    周辺株では、前日25日にM&Aの実行業務や投資先の管理運営業務などを手掛ける子会社SHIFTグロース・キャピタルを設立することを発表したSHIFT<3697>も反発した。

    半面、目立って売られる銘柄はなく、NJHD<9421>やユークス<4334>などがさえない。

任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆6953億円、営業利益5927億円、経常利益6708億円、最終利益4776億円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る
コナミホールディングス株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミホールディングス株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2995億2200万円、営業利益744億3500万円、最終利益548億600万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る
コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る