イー・ガーディアン、URAWAZAと連携しアジア圏ゲームのグローバル展開をワンストップでサポートするサービスを開始

イー・ガーディアン<6050>は、この日(3月31日)、デジタルコミュニケーションのプロフェッショナル集団であるURAWAZAと連携し、ゲームタイトルのグローバル展開をプロモーションから、その後の運営まで一気通貫でサポートするサービス提供を開始すると発表した。ゲームタイトルの日本市場への進出や海外への事業展開においてプロモーションから運営までをワンストップでサポートする。

イー・ガーディアンが持つゲームローカライズ、SNS運用、カスタマーサポート等をグローバル規模で展開する実績やノウハウと、デジタルプロモーション分野とコミュニティ運営に特化したURAWAZAの強みを活かし、ゲームのグローバル展開におけるカルチャライズ・プロモーション・コミュニティ運営・カスタマーサポートといった各フェーズを一元管理し、スムーズな連携・細かな内容把握を実現することでゲーム運営プロセスを最適化する。

同社では、これまで膨大な手間とコストをかけてそれぞれ異なるベンダーのサービスを受けながら展開してきたゲームメーカー向けにワンストップでサービス提供をすることで、グローバル展開をサポートするにあたり圧倒的なコストパフォーマンスを実現する、としている。

イー・ガーディアン株式会社
https://www.e-guardian.co.jp/

会社情報

会社名
イー・ガーディアン株式会社
設立
1998年5月
代表者
代表取締役社長 高谷 康久
決算期
9月
直近業績
売上高99億3300万円、営業利益19億6800万円、経常利益20億4000万円、最終利益10億8600万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6050
企業データを見る