【ゲーム株概況(4/18)】ワンダープラネットがBLCゲーム関連として物色、連日のS高&年初来高値 格下げ観測のコナミHDがさえない

4月18日付の東京株式市場では、日経平均株価は大幅続落。前日比293.48円安の2万6799.71円でこの日の取引を終えた。イースターで海外市場が休みとなるなか、様子見ムードが広がるなか、米国の金利上昇が懸念されたほか、中国の景気動向の先行き不透明感から売り優勢の展開となった。

こうしたなか、ゲーム関連株では下げる銘柄が目立った。コナミホールディング<9766>が反落。モルガン・スタンレーMUFG証券は投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げしたとの観測が出ている。

また、アクセルマーク<3624>やエディア<3935>、Aiming<3911>、ケイブ<3760>などの下げも目立った。

他方、ワンダープラネット<4199>が連日のストップ高で年初来高値を更新した。ロックチェーンゲーム関連事業のための子会社をシンガポールに設立することが引き続き手がかがり材料視されているようだ。

 

 

コナミグループ株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミグループ株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2995億2200万円、営業利益744億3500万円、最終利益548億600万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る