ボルテージ、初のSwitchオリジナルタイトル『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』の発売予定日が6月9日に決定!

ボルテージ<3639>は、本日(4月20日)、初のNintendo Switchオリジナルタイトル『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』の発売予定日が6月9日に決定したことを発表した。

本作は “魔女裁判”“死に戻り”がテーマのダークファンタジー。実力派クリエイターによって作り上げられた美麗な世界観の中で、豪華な声優陣の熱演によって魅力付けされたキャラクターが多数登場する。同社が得意とする恋愛ストーリーのみだけでなく、キャラクター同士の信頼関係や、自分を信じることの大切さなども描かれ、人間ドラマとしても楽しめる作品となっている。

なお、同社のほかのNintendo Switch向けタイトルと同じく、米州・アジア・欧州・豪州・日本リージョンと、全世界での発売を予定している(※一部地域を除く)。

▼「even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女」メインキャラクター紹介

「弱気を知る変革の蒼」
ルーシェン・ノイシュバーン(CV:石川界人)
ヒストリカ国の心優しき第三王子。母の身分が低いことを理由に親族から虐げられて育つ。意気地がなく、泣き虫。

「心なき博愛及び奥深き情愛」
クライオス・キャソロック(CV:古川慎)
女神の愛鳥ガルダを擁する翼騎士団の若き副団長。整った顔立ちと紳士的な振る舞い、爽やかな笑みが、多くの女性を魅了する。

「正道の知者、悪夢の死者」
ティレル・I・リスター(CV:杉山紀彰)
魔女を断罪する異端審問会のトップ。磨き上げられた刃のような鋭い美と、類いまれな頭脳を持ち合わせているが、全ての長所を覆してしまうほどの毒舌家。

「孤独の吊るし人」
ゼン・ソルフィールド(CV:武内駿輔)
出身地、家門、年齢、全てが謎に包まれた人物。大柄で強面な顔立ち。無愛想で目つきも悪く、本人にその気がなくとも他者の威圧をしてしまう。

▼『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』プロモーションムービー

<『even if TEMPEST 宵闇にかく語りき魔女』概要>
対応機種:Nintendo Switch™(ダウンロード専用ソフト)
発売予定日:6月9日(木)
価格:価格未定
対応言語:日本語、 英語
ジャンル:アドベンチャーゲーム
ボイス:フルボイス(ヒロインなし)
出演:
石川界人/古川慎/杉山紀彰/武内駿輔
三森すずこ/帆世雄一/藤澤雄生/飯田奈保美/沖なつ芽/千葉翔也/野上翔/綱川博之/木島隆一/畠中祐/柿原徹也
企画/制作:ボルテージ

▼公式サイト
https://products.voltage.co.jp/tempest/

▼公式Twitter
https://twitter.com/evenifTEMPEST


© Voltage Inc. All rights Reserved.

株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高69億200万円、営業利益1億5900万円、経常利益1億7700万円、最終利益1億6300万円(2021年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3639
企業データを見る