【ゲーム株概況(4/22)】サイバーステップが3日連続のS高 東証の信用規制強化でワンダープラネットは大幅続落 1Q大幅減益のモバイルファクトリーは後場急落

  • 4月22日の東京株式市場では、日経平均は4日ぶりに反落し、前日比447.80円安の2万7105.26円で取引を終えた。米FRB(連邦準備理事会)による金融引き締め観測を背景に米国の長期金利が上昇し、株式市場が下落した流れが国内市場にも波及した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーステップ<3810>が3日連続のストップ高となったほか、カヤック<3904>やモブキャストHD<3664>などが買われた。

    また、コムシード<3739>は6日続伸し、周辺株ではメディア工房<3815>が一時ストップ高するなど商いを伴って大幅続伸した。

    半面、ワンダープラネット<4199>が大幅続落し、終値ベースで2000円台を割り込んだ。ワンダープラネットは、東証が信用取引に関する規制措置を強化すると発表したことが嫌気されたもよう。

    ほか、壽屋(コトブキヤ)<7809>やマイネット<3928>、バンク・オブ・イノベーション<4393>などの下げがきつい。

    この日の前場引け後に発表した第1四半期決算が、増収を確保しながらも大幅な減益となったモバイルファクトリー<3912>は、後場に入って大きく値を崩す展開となった。

株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億9700万円、営業利益8億5000万円、経常利益8億5300万円、最終利益5億3800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る