【ゲーム株概況(5/2)】国内証券が投資判断「1」継続のサイバーエージェントが買われる 1Qが大幅減益で着地のAimingは続落 任天堂は8日続落

  • 5月2日の東京株式市場では、日経平均は小反落し、前日比29.37円安の2万6818.53円で取引を終えた。国内のGWの連休の谷間であることに加え、米国でFOMC(連邦公開市場委員会)の開催が控えていることから手控えムードの強い展開となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、大和証券が目標株価は2200円から2000円に引き下げたものの、投資判断「1」を継続したサイバーエージェント<4751>が買われ、DeNA<2432>やコロプラ<3668>など主力株の一角もしっかり。

    また、コムシード<3739>は3日続伸となり、大手ゲーム株ではコーエーテクモHD<3635>が反発した。

    カヤック<3904>やオルトプラス<3672>、gumi<3903>なども買われた。

    半面、前週末28日に発表した第1四半期決算を発表したAiming<3911>は、前年同期比で大幅な減益となったこともあって続落し、ブシロード<7803>やワンダープラネット<4199>なども売られた。

    サイバーステップ<3810>はGW前の急騰局面の反動もあって、4日続落した。

    一部報道で、ニンテンドースイッチの2022年度の販売台数が前年度比1割減の2000万台前後にとどまる見通しと伝えられた任天堂<7974>は8日続落となった。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る
株式会社Aiming
http://aiming-inc.com/
自分たちの面白いをカタチに変える
自分たちの面白いをカタチに変える

会社情報

会社名
株式会社Aiming
設立
2011年5月
代表者
代表取締役社長 椎葉 忠志
決算期
12月
直近業績
売上高120億5400万円、営業利益14億9000万円、経常利益14億4300万円、最終利益11億7000万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3911
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆6953億円、営業利益5927億円、経常利益6708億円、最終利益4776億円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る