【ハイカジ道】カヤックのアクションゲーム『Draw Saber』…描いた太刀筋で敵を斬る爽快感と一撃決着の緊張感がたまらない

スマートフォン端末の機能を活かした直感的な操作方法、説明を必要としない明快さ、老若男女だれもが楽しめる万国共通のルールなど、ゲームの間口を広げるジャンルとして、スマートフォンアプリ市場において注目されているハイパーカジュアルゲーム。

gamebizでは、各社のハイパーカジュアルゲームにスポットを当てたレビューやインタビューを掲載するコーナー「ハイパーカジュアルゲーム道(ハイカジ道)」を展開している。

今回は、カヤック<3904>の『Draw Saber』のレビュー記事をお届けする。

『Draw Saber』であの必殺技を再現しよう!

今回取り上げるカヤックの『Draw Saber』は、刀の弾道(太刀筋)を描いて敵を切り倒すアクションゲームである。

ビームなサーベル(某機動戦士な武器)のような、はたまたライトなセーバー(某宇宙戦争)を持ったキャラクターが1対1であいまみえる独特な雰囲気を持つ本作。

そして、侍と侍による真剣勝負さながらの一瞬で決着がつくルールも筆者の武士道スピリッツを刺激する。

勝敗のカギを握るのは、画面上に描く刀の太刀筋だ。相手目掛けて直線に描くも良し、竜巻のようにグルグルと渦を描くも良しだ。

ちなみに相手の太刀筋は赤いラインで表示されているので、相手の裏をかくような太刀筋を考えるのが楽しい。

そしてこの太刀筋を描くという行為は、まるで自分が少年漫画の主人公になり、必殺技を編み出すために修行しているような感覚を味わえる。中二病が再発しそうである。

  • ▲雷神剣を扱う某サムライ少年が、初期に得意としていた"かみなり斬り"を真似たり。

  • ▲悪・即・斬なあの人の"牙突"も見事に決まったり。

本作はステージ制で、敵に勝つとレベルが上がっていく。そして一定のレベルに到達すると、新たな武器が手に入ったり、ステージの背景なども変わるので、飽きずに楽しむことができる。

気になる方は、一度プレイしてみてはいかがだろうか?

~『Draw Saber』の魅力~

・太刀筋を考えて描く楽しさ
・一瞬で勝負が決まる緊張感
・キャラクターの挙動がユニーク

~ゲーム内の広告表示(確認できた限りのもの)~

①画面下段にバナー広告

②2~3回バトルすると動画広告が流れる

③動画広告視聴で武器などを獲得

2~3回バトルすると必ず動画広告が流れる。本作は1回のバトルが一瞬で決着がつくというテンポの良さゆえに、ユーザーによっては動画広告が多すぎる、という印象を受けるだろうなと感じた。

© Kayac Inc.

ハイカジ道の過去記事一覧は【こちら

株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高125億6600万円、営業利益11億4300万円、経常利益12億6600万円、最終利益8億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3904
企業データを見る