マーベラス、アミューズメントゲームを独立した事業セグメントに昇格 『ポケモンメザスタ』が「非常に好調な売上を記録」

マーベラス<7844>は、昨日(5月12日)発表した2022年3月期の決算において、事業セグメント区分を再編し、オンラインゲームと家庭用ゲームソフトを統合するとともに、アミューズメントゲームを独立したセグメントに昇格することを明らかにした。これまでコンシューマ事業の一部門だった。

アミューズメントゲームは、タカラトミーアーツと共同展開している『ポケモンメザスタ』が「非常に好調な売上を記録」とするなど業績にインパクトを与えている。20年9月より稼働を開始したが、21年12月に累計プレイ回数1億回を突破した。

『ポケモンメザスタ』については、2023年3月期に入っても好調を持続しているそうだ。4月21日より新弾「スーパータッグ5弾」を稼動開始しており、ユーザーからも好評だという。

このほか、新コンセプトによる小型プライズマシン『TRYDECK(トライデッキ)』を、2021年11月より全国のアミューズメント施設にて順次稼働開始したとのこと。

また、海外での事業展開も行っており、その主力は『ポケモンガオーレ』だ。同社によると、新型コロナウイルスの感染者数が拡大している一部の稼動地域において、影響が出ているものの、収束後の見据えて、今後も海外展開を継続したい、としている。

株式会社マーベラス
https://www.marv.jp/

会社情報

会社名
株式会社マーベラス
設立
1997年6月
代表者
代表取締役社長 執行役員 許田 周一
決算期
3月
直近業績
売上高257億2800万円、営業利益46億円、経常利益50億5400万円、最終利益38億1700万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7844
企業データを見る