コーエーテクモHD、1対2株の株式分割 投資単位の引き下げと株式の流動性向上、投資家層の拡大が目的

コーエーテクモホールディングス<3635>は、この日(5月16日)、株式分割を行うと発表した。9月30日現在の株主を対象に1対2株の分割を行う。発行済株式総数は1億6804万8462株から3億3609万6924株に増える。

同社では、株式分割の目的について、投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家がより投資しやすい環境を整えるとともに、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図るため、と説明している。

なお、これに伴い、2023年3月期の1株あたりの期末配当を96円から48円に変更する。これは株式分割に伴うもので、実質的には配当額は従来予想から変更はない。

コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る