東映アニメ、株主優待QUOカードのデザインを『DRAGON BALL超スーパーヒーロー』『デリシャスパーティプリキュア』『ひみつのアッコちゃん』『グレートマジンガー対ゲッターロボ』に

東映アニメーション<4816>は、2022年3月期の株主優待(QUO カード)のデザインについて、新作から『デリシャスパーティプリキュア』と『DRAGON BALL 超スーパーヒーロー』、名作から『ひみつのアッコちゃん』と『グレートマジンガー対ゲッターロボ』に決定した。6月下旬の発送を予定しているという。

同社では、株主優待限定の描きおろしデザインを含む、人気の新作アニメーション2枚、なつかしの名作アニメーション2枚(各300円)を1セットにして送付する。保有株数が増えるほど優待が増えていく。


<贈呈基準>
100株以上:1セット(1200円相当)
300株以上:2セット(2400円相当)
500株以上:3セット(3600円相当)
1,000株以上:5セット(6000円相当)
3,000株以上:8セット(9600円相当)
5,000株以上:10セット(1万2000円相当)
1万株以上:12セット(1万4400円相当)
※1セット:QUO カード4枚(1200円相当)

<2022年3月期株主優待限定キャラクターQUO カード>

 


©ABC-A・バード・スタジオ・集英社・「2022 ドラゴンボール超」製作委員会・赤塚不二夫・ダイナミック企画・東映アニメーション

東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高570億2000万円、営業利益181億0700万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る