ワンダープラネット、BLCゲーム関連事業を手掛ける海外子会社の社名を「WPBC Pte. Ltd.」に決定 常川 友樹社長がDirectorに

ワンダープラネット<4199>は、この日(5月31日)、ブロックチェーンゲーム関連事業を手掛ける海外子会社の社名を「WPBC Pte. Ltd.」に決定したことを明らかにした。設立は5月30日で、ワンダープラネットの常川 友樹社長がDirectorに就任したとのこと。

同社は、ブロックチェーンゲームの海外パブリッシング事業を中心に展開していく予定。自社開発および協業先開発のスマホゲームの海外パブリッシングが事業の柱となっており、そこでも培った海外へのゲームパブリッシングの体制やノウハウを活かす。

今後は事業参入に向けた海外パブリッシング体制の整備等を推進する。同時に、ゲーム開発事業者やブロックチェーン関連事業者など、各社との業務提携や出資などを通じた協業体制の構築についても検討したい、としている。

ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る