【ゲーム株概況(6/7)】ケイブが連日のS高 新作『アリスフィクション』の事前登録好調のワンダープラネットは反発 モブキャストHDは続落

  • 6月7日の東京株式市場では、日経平均は小幅ながら3日続伸し、前日比28.06円高の2万7943.95円で取引を終えた。為替の円安進行を背景に一時2万8000円台を回復する場面があったものの、大台乗せによる目先達成感もあって引けにかけてやや値を崩す形となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ケイブ<3760>とガーラ<4777>が連日のストップ高となったほか、アピリッツ<4174>や東京通信<7359>なども買われた。

    また、新作『アリスフィクション』の事前登録者数が4日間で30万人を突破したことを発表したワンダープラネット<4199>も反発した。

    周辺株では、東海東京証券が投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を1400円から1570円に引き上げたフィールズ<2767>がしっかり。

    半面、壽屋(コトブキヤ)<7809>や東映アニメ<4816>が売られ、バンク・オブ・イノベーション<4393>やブシロード<7803>は続落した。

    前日にEVO FUNDを割当予定先とする新株予約権付社債と新株予約権の発行による資金調達が希薄化への懸念となって売られていたモブキャストHD<3664>は続落した。

フィールズ株式会社
http://www.fields.biz/

会社情報

会社名
フィールズ株式会社
設立
1988年6月
代表者
代表取締役会長兼社長 山本 英俊
決算期
3月
上場区分
東証プライム
証券コード
2767
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
4199
企業データを見る