monoAI technology、阪急阪神HDのファンドから資金調達

monoAI technologyは、阪急阪神ホールディングスが2021年4月に設立したコーポレートベンチャーキャピタルファンド「阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合」より資金調達を実施した。調達金額などは開示していない。

同社は、独自の通信技術を応用し、大規模の同時接続が可能なメタバースプラットフォーム「XR CLOUD」を開発、提供している。

従前から、阪急阪神HDグループと協力体制を整え、阪急甲子園球場を3DCGで再現したバーチャルビジネス展示会「デジタル甲子園」や、初音ミクをはじめとするバーチャルアーティストをゲストに、延べ約7万人が来場したバーチャル音楽ライブイベント「JM梅田ミュージックフェス(β)」など、様々なメタバース事業に取り組んできた。また、2022年7月23日~8月21日には、「JM梅田ミュージックフェス2022SUMMER」を開催する。

同社のミッションでもある「先進技術で、エンタメと社会の未来を創造する」の実現に向け、街とエンタメを繋ぐ最先端メタバースプラットフォームの開発、運営を推進する、としている。


【HHHD社コメント】
阪急阪神ホールディングス株式会社 グループ開発室長 奥田 雅英 氏
阪急阪神ホールディングスグループでは、 現在、 「阪急阪神DXプロジェクト」を推進しています。
その中で、 お客様が「デジタル時代の利便性」を最大限享受できる取組の一つとして、 これまでmonoAI technology社と協働して「デジタル甲子園」や「JM梅田ミュージックフェス」などを開催してきました。
これからも、 グループの「施設」や「街(沿線)」を活かした取組を拡大していきたいと考えており、 同社を心強いパートナーとして、 メタバースのさらなる可能性を追求してまいります。

monoAI technology
http://monobit.co.jp/

会社情報

会社名
monoAI technology
設立
2013年1月
代表者
本城 嘉太郎
上場区分
shibata
企業データを見る