グラビティゲームアライズが資本金と準備金を5000万円ずつ減らす減資 同額の増資も実行するため変動なし

グラビティゲームアライズが減資と増資を行う。7月5日付の「官報」に掲載された「資本金及び準備金の額の減少公告」によると、資本金と資本準備金をそれぞれ5000万円ずつ減らすと同時に増資を行うため、資本金と資本準備金は減資前の水準を下回ることはないという。

同社は、韓国Gravityの100%子会社で、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>からみると「孫会社」となる。

なお、2021年12月期(第3期)の最終利益は、前の期比156.1%増の1700万円だった。オンラインゲームのパブリッシング事業を展開しており、『NBA RISE TO STARDOM』や『貞子M 未解決事件探偵事務所』などの運営を行っている。

 

ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高1046億2600万円、営業利益358億200万円、経常利益336億2900万円、最終利益228億8300万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3765
企業データを見る
グラビティゲームアライズ株式会社
https://gravityga.jp/

会社情報

会社名
グラビティゲームアライズ株式会社
設立
2019年7月
企業データを見る