モバイルファクトリー、第2四半期決算は営業益YonY3.9%増の2億4000万円 「駅メモ!」周年貢献 広宣費こなして増益達成

モバイルファクトリー<3912>は、7月22日、2022年12月期 第2四半期(22年4月~22年6月)の連結決算を発表し、売上高8億4000万円(前年同期比14.7%増)、営業利益2億4000万円(同3.9%増)、経常利益2億4000万円(同2.8%増)、最終利益1億5900万円(同5.8%増)だった。

・売上高:8億4000万円(同14.7%増)
・営業利益:2億4000万円(同3.9%増)
・経常利益:2億4000万円(同2.8%増)
・最終利益:1億5900万円(同5.8%増)

 

モバイルゲームが好調だった。特に主力の位置情報ゲーム「駅メモ!(ステーションメモリーズ!)」でリリース8周年を記念した各種キャンペーンを行ったことに加えて、広告宣伝を強化したことで新規ユーザーが増加したことが奏功した。

新型コロナを巡る状況が改善したと判断し、広告宣伝を強化したこともあり、営業利益については1桁の伸びにとどまった。またブロックチェーン事業への先行投資も増えたという

 

株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億9700万円、営業利益8億5000万円、経常利益8億5300万円、最終利益5億3800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る