Aiming、『CARAVAN STORIES』は「PS4版の売上がスマホ版を上回っている」(椎葉社長) この四半期は『オーバーロード』コラボを開催


Aiming<3911>の椎葉忠志社長は、第2四半期(22年4~6月)の決算説明会において、オンラインRPG『CARAVAN STORIES(キャラバンストーリーズ)』について、プレイステーション4版がスマートフォン版の売上を上回っていることを明らかにした。

椎葉社長による、このタイトルは「もともとクリエイター気質の高いチームが開発しており、リリース以来、IPコラボを避けていた」というものの、今年に入って世界観の合う作品とのコラボを行うようになったという。

この四半期は『オーバーロード』コラボを行い、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV』コラボも開催決定。「売上も悪くない状態。利益がものすごく大きいわけではないが、しっかりとした開発がキープできている」とした。

 

株式会社Aiming
http://aiming-inc.com/
自分たちの面白いをカタチに変える
自分たちの面白いをカタチに変える

会社情報

会社名
株式会社Aiming
設立
2011年5月
代表者
代表取締役社長 椎葉 忠志
決算期
12月
直近業績
売上高120億5400万円、営業利益14億9000万円、経常利益14億4300万円、最終利益11億7000万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3911
企業データを見る