【ゲーム株概況(8/18)】東京通信が3日ぶりに大幅反発 国内証券が目標株価引き上げのサンリオが高値更新 コムシードは大幅反落

  • 8月18日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比280.63円安の2万8942.14円で取引を終えた。前日に2万9000円台乗せとなっていたことによる目先の過熱感もあり、朝方から利益確定の売り物が優勢な展開となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東京通信<7359>が3日ぶりに大幅反発したほか、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>やアカツキ<3932>が買われた。

    また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断は「ニュートラル」を継続としながらも目標株価を2660円から3110円に引き上げたサンリオ<8136>が年初来高値を更新した。

    カプコン<9697>やスクウェア・エニックスHD<9684>など大手ゲーム株も総じて買われた。

    半面、コムシード<3739>が大幅反落し、enish<3667>やモブキャストHD<3664>などが売られた。

    ガンホー<3765>やミクシィ<2121>、コロプラ<3668>など主力株の一角はさえない。

株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役会長 辻 信太郎/代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高527億6300万円、営業利益25億3700万円、経常利益33億1800万円、最終利益34億2300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
8136
企業データを見る