【ゲーム株概況(9/5)】GameFi分野参入のクルーズがストップ高 KADOKAWAが安い 目標株価引き下げのコナミGとコロプラもさえない

9月5日の東京株式市場では、小幅続落。日経平均株価は、前営業日比31.23円安の2万7619.61円でこの日の取引を終えた。米国での金融引締や景気後退への警戒感に加えて、欧州へのガス供給を巡る懸念がくすぶり、朝方から売り優勢で始まった。売り一巡後は押し目買いが入り、下げ渋った。その後は米国市場が休場となるため、様子見ムードが広がった。

こうしたなか、ゲーム関連株を見ると、クルーズ<2138>が大幅続伸し、ストップ高まで買われた。100%子会社であるCROOZ Blockchain Labを通じて、GameFi分野に本格的に参入すると発表したことが引き続き手がかり材料となったようだ。ディー・エル・イー<3686>、enish<3667>、KLab<3656>、gumi<3903>、グリー<3632>なども買われた。

他方、KADOKAWA<9468>も売られた。東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会組織委員会理事だった高橋治之容疑者が同社が大会スポンサーに選定されるよう組織委側に働きかけた疑いがあると報じられたことが売り材料視された。ただ、朝方の売り一巡後は下げ渋った。

コナミグループ<9766>も小幅続落。みずほ証券が同社株のレーティング「買い」の継続とし、目標株価を1万0600円から1万円に引き下げたことが嫌気された。コロプラ<3668>も続落。大和証券が同社株のレーティング「3」の継続とし、目標株価を820円から730円に引き下げた。

 

 

クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
​売上高154億7700万円、営業利益12億3800万、経常利益12億9200万円、最終利益3億1000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2138
企業データを見る
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高325億4100万円、営業利益43億1000万円、経常利益57億3200万円、最終利益24億1400万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る
株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2212億0800万円、営業利益185億1900万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9468
企業データを見る
コナミグループ株式会社
http://www.konami.com/

会社情報

会社名
コナミグループ株式会社
設立
1973年3月
代表者
代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 東尾 公彦
決算期
3月
直近業績
売上高2995億2200万円、営業利益744億3500万円、最終利益548億600万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム(ロンドン証券取引所にも上場)
証券コード
9766
企業データを見る