【ゲーム株概況(9/22)】自社株の取得枠拡大のユークスが大幅反発 NFTゲームのアンバサダーに人気YouTuber就任のクルーズが一時S高

  • 9月22日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比159.30円安の2万7153.83円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)で、市場の想定よりも強い金融引き締めが示唆されたことで、米国市場が大幅安となった流れが国内市場にも波及した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ユークス<4334>が3日ぶりに大幅反発した。ユークスは、前日21日に現在実施中の自社株の取得上限を50万株から70万株に、取得価額の上限を3億円から5億円にそれぞれ引き上げたことが市場の関心を集めたようだ。

    また、子会社のCROOZ Blockchain LabがNFTゲームのアンバサダーに人気YouTuberのヒカルさんが就任すると発表したクルーズ<2138>が一時ストップ高した。

    enish<3667>やgumi<3903>、ドリコム<3793>なども買われた。

    半面、アピリッツ<4174>が利益確定の売り物に押されて反落し、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>や壽屋(コトブキヤ)<7809>なども売られた。

    8月の月次売上高の好調を材料に前日は買われたフリュー<6238>も反落した。

    ほか、アカツキ<3932>とcoly<4175>が年初来安値を更新した。

クルーズ株式会社
http://crooz.co.jp/

会社情報

会社名
クルーズ株式会社
設立
2001年5月
代表者
代表取締役社長 小渕 宏二
決算期
3月
直近業績
売上高140億円、営業利益6億4400万円、経常利益6億2800万円、最終利益2億5400万円(2023年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
2138
企業データを見る
株式会社ユークス
http://www.yukes.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ユークス
設立
1993年2月
代表者
代表取締役社長 谷口 行規
決算期
1月
直近業績
売上高42億9900万円、営業利益9億4800万円、経常利益10億9200万円、最終利益8億8300万円(2023年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4334
企業データを見る