C&R社、Web3事業パートナーとしての連携強化を目的にDigital Entertainment Asset(DEA)に追加出資

クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>は、ブロックチェーンやNFTを活用したC&R社のWeb3事業パートナーとしての連携強化を図るため、GameFiプラットフォーム事業をグローバルで展開するDigital Entertainment Asset(DEA)に追加出資を決定したと発表した。出資額や出資比率については開示していない。

同社は2021年4月、DEAへ出資し、DEAのGamefiプラットフォーム「PlayMining」に対して人気漫画『ブラックジャックによろしく』(著:佐藤秀峰氏)や『カイジ』(著:福本伸行氏)の主人公をNFTカード化して提供してきたほか、2023年春リリースに向けてNFTゲーム『HERO SPIRAL』の共同開発を進めてきた。

今回の追加出資により、ゲームの開発やコンテンツ提供だけでなく、メタバース関連コンテンツの共同開発やNFT活用領域の拡大、新規事業開発などを行う、としている。

株式会社クリーク・アンド・リバー社
http://www.cri.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社クリーク・アンド・リバー社
設立
1990年3月
代表者
代表取締役社長 井川 幸広
決算期
2月
直近業績
売上高417億9900万円、営業利益34億1100万円、経常利益34億1900万円、最終利益22億2400万円(2022年2月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4763
企業データを見る
Digital Entertainment Asset

会社情報

会社名
Digital Entertainment Asset
企業データを見る