KLab、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』にて「Dream Championship 2022」決勝トーナメントを10日よりオンラインで開催!今年一年の猛者たちが激突する二日間

KLab<3656>は、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』について、世界大会「Dream Championship 2022」の決勝トーナメントを12月10日,11日にオンラインで開催することを発表した。

 
・決勝トーナメント概要

9月9日からスタートしたアプリ内オンライン予選大会を経て、ヨーロッパ・アフリカブロック、アジア・オセアニアブロック、アメリカブロック、日本・東アジアブロックの各ブロックを勝ち上がったプレイヤーとレーティング上位7名を加えた総勢14名がシングルエリミネーショントーナメント形式で対戦し、世界No.1が決定する。

試合の模様はYouTube Liveにて生配信。リアルタイムにて熱い戦いを視聴しよう。

【開催日時】※日本時間
・Day1:2022年12月10日(土)15:00 ~ 19:30
・Day2:2022年12月11日(日)15:00 ~ 19:30 

【視聴URL】
各言語MCによる実況/解説にて配信いたします。お好みの言語でお楽しみください。

・Day1
日本語:https://youtu.be/0jFMl_SRrN4
英語:https://youtu.be/gHiV3HkzimU

・Day2
日本語:https://youtu.be/i_rV6ikHYlEE
英語:https://youtu.be/3FtlJzjwN-w


・各国の配信者と一緒にプレイヤーを応援しよう!

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』公式YouTubeチャンネルと並行して、世界各地の個人配信者による実況配信が行われる予定だ。みんなで一緒に実況しながら世界No.1プレイヤーの決定を見届けよう!各配信者の情報は「Dream Championship 2022」特設サイト内のページで公開中だ。

・決勝トーナメント開催記念プレゼントキャンペーン!

Dream Championship 2022 決勝トーナメントの開催を記念して、豪華賞品が抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施します!『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の公式Twitterをフォロー&対象の投稿をRTして、豪華賞品をゲットしよう!

キャンペーンの詳細情報は「Dream Championship 2022」特設サイト内のページで後日公開いたします。

※本キャンペーンは日本在住者限定のキャンペーンとなります。
※本キャンペーンの内容は、予告なく変更・終了する場合がございます。

 

■Dream Championship 2022 特設サイト

https://www.tsubasa-dreamteam.com/dcs/?utm_source=press&utm_medium=referral&utm_campaign=dcs_p4

 

 

全世界オンライン予選4ブロックの覇者と高レーティングの猛者たち

本大会では、オンラインにてヨーロッパ・アフリカブロック、アジア・オセアニアブロック、アメリカブロック、日本・東アジアブロックの各ブロックリモートで4つのブロックからなる最終地域予選大会がすでに行われていた。

本記事では編集部の注目選手を紹介する。各ブロックの戦いはアーカイブでも配信されているので気になる人はチェックしてみよう。

●万太郎選手(日本・東アジアブロック 1位)

本大会の最終地域予選からでは唯一の日本人選手。自チームの能力を上げるチーム編成にて勝負強い展開を予選では展開していた。
日本・東アジアブロックのアーカイブ配信はこちら

 

●黃金世代★小嚕選手(アジア・オセアニアブロック 1位)


ナトゥレーザやビクトリーノを起用したスピーディな戦いを得意とする選手。そのスピード感は決勝トーナメントではどうなるかが注目だ。
アジア・オセアニアブロックのアーカイブ配信はこちら

 

●NxM Ikka選手(ヨーロッパ・アフリカブロック 1位)

攻めを得意とし、全力サッカーの使い所も光ったNxM Ikka選手。今年はフランス勢が強く、その一番手として活躍が期待される。
ヨーロッパ・アフリカブロックのアーカイブ配信はこちら

 

●「FĐ」Lucho9選手(アメリカブロック 1位)


予選ブロックの決勝では、粘り強い動きで延長戦を制した「FĐ」Lucho9選手。ボールの支配率の高さやベンチワークなども注目の選手だ。
アメリカブロックのアーカイブ配信はこちら

また、今大会では導入されたレーティング制により、2022年8月末時点での上位7プレイヤーも決勝トーナメントに進出することになる。

レーティング TOP1                                     黃金★Pro. SK選手
レーティング TOP2                                     L.B.選手
レーティング TOP3                                     黃金世代★朗拿度選手
レーティング TOP4                                     レオーネ直方選手
レーティング TOP5                                     幼稚園の暴君選手
レーティング TOP6                                     黃金世代★甜選手
レーティング TOP7                                     黃金世代★VAQ選手[鈴木1] 

▲上位7名には過去に世界大会に出場した幼稚園の暴君選手も参加している。(「Dream Championship 2020」決勝トーナメントのアーカイブ映像より)

長き戦いで好成績を収めているだけもあり、過去の世界大会でも見ることのあった顔ぶれもいるので、今大会ではより一層、実力のある選手が栄光を手にするのではないだろうか。気になる人は当日の配信をチェックしてみよう。


■『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』



(C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)
(C)KLabGames

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る