CyberZ、2022年9月期決算は最終損失9800万円と赤字縮小 CyberEとeStreamも判明

CyberZの2022年9月通期(第14期)の決算は、最終損失が9800万円と赤字幅が縮小した。前の期(2021年9月期)の実績は、最終損失2億8000万円だった。12月12日付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、スマートフォン広告代理業のほか、eSPORTS大会「RAGE」、ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」の運営を行っている。

なお、2017年9月期から損失計上が続いており、6期連続の最終損失となったが、赤字幅は着実に縮小している。ABEMAと同じく収益化が見えてきたようである。

 

グループ会社で、eスポーツに特化した広告マーケティング会社のCyberEの最終利益は1億8900万円、フィギュアやオンラインくじなどを展開するeStreamの最終損失が7200万円だった。

 

 

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高7105億7500万円、営業利益691億1400万円、経常利益694億6400万円、最終利益242億1900万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る
株式会社CyberZ
https://cyber-z.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社CyberZ
設立
2009年4月
代表者
山内 隆裕
決算期
9月
上場区分
未上場
企業データを見る