東映アニメ、第3四半期決算を1月30日に発表 「ONE PIECE FILM RED」の記録的ヒットで中間決算は大幅増収増益

東映アニメーション<4816>は、2023年3月期 第3四半期決算を1月30日に発表する予定だ。同社は、第3四半期の業績予想については開示していない。9月中間決算の振り返っていこう。

 

■「ONE PIECE FILM RED」の記録的ヒットで9月中間決算は大幅増収増益

9月中間決算は、売上高424億5000万円(前年同期比42.7%増)、営業利益141億9400万円(同27.4%増)、経常利益155億2400万円(同40.1%増)、最終利益115億2100万円(同41.5%増)だった。

・売上高:424億5000万円(同42.7%増)
・営業利益:141億9400万円(同27.4%増)
・経常利益:155億2400万円(同40.1%増)
・最終利益:115億2100万円(同41.5%増)

映画「ONE PIECE FILM RED」の記録的ヒットで国内外で収益が大きく伸びたことに加えて、「ワンピース」や「ドラゴンボール」シリーズ等の商品化権販売が好調だった。

 

■2023年3月通期計画の利益進捗率は6割に

2023年3月期の業績は、売上高760億円(前期比33.3%増)、営業利益235億円(同29.8%増)、経常利益250億円(同32.8%増)、最終利益180億円(同40.4%増)、EPS440.15円を見込む。

・売上高:760億円(同33.3%増)
・営業利益:235億円(同29.8%増)
・経常利益:250億円(同32.8%増)
・最終利益:180億円(同40.4%増)
・EPS:440.15円

計画に対する進捗率は、売上高55.9%、営業利益60.4%、経常利益62.1%、最終利益64.0%となっている。

・売上高:55.9%
・営業利益:60.4%
・経常利益:62.1%
・最終利益:64.0%

東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高570億2000万円、営業利益181億0700万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る