モバイルファクトリー、2022年12月通期の決算を1月27日に発表 ブロックチェーン関連と23年12月期の見通しに注目

モバイルファクトリー<3912>は、2022年12月通期の決算発表を1月27日に行う予定だ。同社は、2022年12月期の着地見込みを先日発表しており、市場からの注目はブロックチェーン関連と2023年12月期の見通しに集まりそうだ。

同社が発表した2022年12月期の着地見通しは以下のとおり。

・売上高:28億9700万円(前の期比8.5%増)
・営業利益:8億5000万円(同1.7%増)
・経常利益:8億5300万円(同1.4%増)
・最終利益:5億3800万円(同3.7%増)

『駅メモ!』や『駅奪取』など位置情報ゲームで新型コロナが一定の落ち着きを見せたことから、鉄道事業者や地方自治体、他社IPとのコラボを実施したことで、前期実績を上回る売上・利益となる見込みになったとしている。

株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億9700万円、営業利益8億5000万円、経常利益8億5300万円、最終利益5億3800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る