【ゲーム株概況(12/8)】みずほ証券が投資判断を「買い」に格上げのLINEヤフーが反発 子会社サービスでの個人情報流出が確認されなかったと発表のモバファクも4日ぶり反発

12月8日の東京株式市場では、日経平均は続落し、前日比550.45円安の3万2307.86円で取引を終えた。為替が一時1ドル=142円台まで急速に円高方向に振れたこともあり、輸出関連株を中心に売り物が広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、LINEヤフー<4689>が反発した。LINEヤフーは、みずほ証券が同社の投資判断を「中立」から「買い」に格上げし、目標株価も430円から500円に引き上げたことが市場の関心を集めたようだ。

また、モバイルファクトリー<3912>が4日ぶりに反発した。モバイルファクトリーは、前日12月7日に子会社Suishowの提供するサービス「NauNau」における情報漏洩に関する調査結果を公開し、個人情報の流出などは確認されなかったとしたことが市場の評価材料となったもよう。

ほか、テンダ<4198>が反発し、円谷フィールズHD<2767>やワンダープラネット<4199>などがしっかり。

半面、アカツキ<3932>やケイブ<3760>の下げがきつく、サイバーステップ<3810>やオルトプラス<3672>などが年初来安値を更新した。

カプコン<9697>は、現地時間12月7日に開催された世界最大級のゲームアワード「The Game Awards2023」で、『モンスターハンターワイルズ』を2025年に全世界で発売することを発表したものの、市場では来年の発売を期待していた向きが強く、やや軟調な推移となった。

株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1259億3000万円、営業利益508億1200万円、経常利益513億6900万円、最終利益367億3700万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高31億4400万円、営業利益8億6400万円、経常利益8億6500万円、最終利益5億5800万円(2022年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る
LINEヤフー株式会社
https://www.lycorp.co.jp/

会社情報

会社名
LINEヤフー株式会社
設立
1996年1月
代表者
代表取締役会長 川邊 健太郎/代表取締役社長CEO 出澤 剛/代表取締役CPO 慎 ジュンホ
決算期
3月
上場区分
東証プライム
証券コード
4689
企業データを見る