クリーク・アンド・リバー、2012年2月期の営業益予想を83%上方修正

クリーク・アンド・リバー社<4763>は、本日(9月28日)、2012年2月期の連結業績予想を上方修正し、売上高150億円(前回予想145億円)、営業利益5億5000万円(同3億円)、経常利益5億5000万円(同3億円)、当期純利益2億2000万円(同1億円)とした。

 

 

従来予想を比較した時の修正率は、売上高が3.4%増、営業利益が83.3%増、経常利益が83.3%増、当期純利益が120.0%増となる。

同社では、3月 11 日に発生した東日本大震災がの影響が計りかねる状況だったため、前期実績を目安として計画を設定していたが、グループ全体で事業が好調に推移したため、今回の上方修正に至った、としている。第2四半期の累計期間見込みに期初設定した第3四半期・第4四半期計画を上乗せしたとのこと。

株式会社クリーク・アンド・リバー社
http://www.cri.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社クリーク・アンド・リバー社
設立
1990年3月
代表者
代表取締役社長 井川 幸広
決算期
2月
直近業績
売上高417億9900万円、営業利益34億1100万円、経常利益34億1900万円、最終利益22億2400万円(2022年2月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4763
企業データを見る