サイバード、人気漫画題材のソーシャルゲームを年度末までに20タイトル-8月18日付の新聞記事

8月18日付の日経産業新聞は、サイバードが大手出版社と提携し、人気漫画やアニメを題材としたソーシャルゲームに本格進出する、と報じている。「GREE」や「Mobage」で提供する。 報道によれば、実業之日本社が版権を持つ人気漫画「静かなるドン」と、徳間書店が版権を持つ「サムライチャンプルー」の2タイトルで、今月下旬にも提供を開始するとのこと。 このほか、9月中旬には「かりあげクン」や「特命係長・只野仁」「ミナミの帝王」などのゲームを配信することで版権所有者側と合意済みだという。 サイバードでは、フィーチャフォンから提供を開始し、その後、スマートフォンで提供する予定。2012年3月までに約20タイトルを提供する方針で、早期に年間売上高20億円の達成を目指すとしている。
株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバード
設立
1998年9月
代表者
代表取締役社長兼CEO 本島 匡
決算期
12月
直近業績
売上高69億200万円、経常利益3億4500万円、最終損益2億8900万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
非上場
企業データを見る