バンダイナムコ、今冬にも「テイルズオブ」と「アイドルマスター」をソーシャルゲーム化

バンダイナムコゲームスは、今冬にも「Mobage」で、ソーシャルゲーム「TALES OF KIZNA(仮)」と「アイドルマスター ソーシャルゲーム(仮)」の提供を開始する。人気IPタイトルのソーシャルゲーム化で、ソーシャルゲームならではの要素を取り入れたゲームシステムになるとのこと。両タイトルともカードゲームになるようだ。

 

■「TALES OF KIZNA(仮)」

「TALES OF KIZNA(仮)」は、KLabとの共同開発タイトルで、11月中旬に配信する予定。本日より事前登録を開始した。「テイルズオブ」シリーズの初代から最新まで15作品から100人以上のキャラクターが登場するカードバトルRPG。

プレイヤーは、キャラクターカードを組み合わせ、自分だけのパーティを編成してバトルに挑戦する。さらに、他のプレーヤーのパーティとギルドを組み、巨大な敵に挑んだり、ギルド同士の戦いなど、“仲間との絆”をよりいっそう意識したバトルが楽しめる。

事前登録サイト

 

■「アイドルマスターソーシャルゲーム(仮)」

「アイドルマスターソーシャルゲーム(仮)」は、11月下旬より配信を開始する予定で、11月上旬より事前登録を開始する予定。「アイドルプロデュースゲーム」というコンセプトはそのままに、世界観とゲームシステムを一新したカードバトルゲーム。

100名以上のオリジナルアイドルに加え、シリーズでおなじみのキャラクターも登場する。プレイヤーは、芸能事務所のプロデューサーとなり、さまざまなタイプのアイドル候補からメンバーを選び、『お仕事』や『レッスン』で育成しながら、トップアイドルユニットのプロデュースを目指す。また、他のプレーヤーのユニットと『Live対決』で勝利すると、相手からアイテムを奪うことができる。

 

(C)窪岡俊之 (C)NBGI

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)NBGI

developed by KLabGames

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る