KLabが上場来高値を更新…好決算への評価と高い成長期待で[ちょっとだけ追記]

KLab<3656>が本日(10月17日)、10月5日につけた上場来高値4150円を更新し、一時、ストップ高となる4530円まで買われる場面があった。10月14日に発表した好決算と業績見通しなど高い業績成長を期待した買いが入っているようだ。

同社は、2011年8月期の業績について、経常利益が前期比624.0%増の9億5100万円になったと発表した。「真・戦国バスター」や「恋してキャバ嬢」、「キャプテン翼~つくろうドリームチーム~」などソーシャルゲームが好調だった。

続く2012年8月期については、第1四半期のみの予想開示となっているが、2011年8月通期実績の76.4%にあたる経常利益7億100万円になるとのこと。足元では高い成長が続いており、通期でどの程度の着地になるのか、市場関係者の間での期待感が高まっているようである。

 

[追記]

10月17日は、ストップ高となる前営業日比700円高の4530円で取引を終えた。

 

 

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る