DeNAやグリーなどSNS関連企業が買われる…野村のSNS関連ファンドへの思惑か

この日の株式市場では、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>や、グリー<3632>、ミクシィ<2121>、KLab<3656>、ボルテージ<3639>、クルーズ<2138>、ケイブ<3760>などSNS関連・ソーシャルゲーム関連企業が上昇した。KLabなどは一時5240円の上場来高値の水準まで買われる場面があったほか、ボルテージは4.9%の上昇となった。 今回の上昇については、全体相場の地合いの好転やテクニカル的なリバウンド狙いの買いが観測されるとともに、10月28日に野村證券が設定する予定の投資信託商品「野村SNS関連株投資」に絡んだ需給思惑があったようだ。 このファンドは、日本企業だけでなく、新規公開株を含むSNS関連企業に株式投資を行うアクティブ運用型のファンドとのこと。SNS運営企業やアプリ・eコマース関連企業、SNS関連製品・サービス提供企業に投資する。ただ、投資対象は世界各国となっているため、日本株への直接的な影響は限定的との見方が強い。   「野村SNS関連株投資」    
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1308億6800万円、営業利益114億6200万円、税引前利益294億1900万円、最終利益305億3200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3632
企業データを見る