ペイジェントと住信SBIネット銀、決済業務で提携…「Mobage」や「モバオク」などで即時決済サービス導入

ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>と三菱東京UFJ銀行、農林中央金庫の共同出資会社ペイジェントと、住信SBIネット銀行は、本日(1月25日)より、ペイジェントが提供する決済代行サービスに住信SBIネット銀行「即時決済サービス」の提供を開始する。 今回の決済提携の開始により、「Mobage」や「モバオク」などペイジェントの決済代行サービスを導入している4516店舗のオンラインショップと提携サービス上で購入した商品の代金について、住信SBIネット銀行の代表口座の円普通預金から即時に支払うことができる。振込金額や振込先名などの振込情報が取引画面に自動表示されるため、振込情報の入力の必要がなく、簡単な操作で利用できるという。 なお、住信SBIネット銀行とペイジェントでは、今後、ペイジェントの決済代行サービスを導入している店舗内で様々なキャンペーンを共同で実施していく予定。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1349億1400万円、営業利益42億0200万円、税引前利益135億9500万円、最終利益88億5700万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る