KLabの新作『神壊のレクイエム』が好スタート…早くも会員数10万人突破

KLab<3656>の新作ソーシャルゲーム『神壊のレクイエム』も好調なスタートとなった。2月2日より、「Mobage」のフィーチャフォンとスマートフォンで同時リリースし、すでに会員数は10万人を突破した模様。 本作は、仮想近未来の世界を舞台にしたダークファンタジー・カードバトル。プレイヤーは、神々からの侵攻を受けて壊滅寸前に追い込まれた人類の一員となり、神々との戦いに臨むことになる。美麗なカードが多数登場することに加えて、アバターやギルドなどやり込み要素の豊富なゲームとしてユーザーから評価されている模様だ。 また、『真・戦国バスター』や『テイルズオブキズナ』、『キャプテン翼モバイル』など「Mobage」で提供されているKLabの人気ゲームからの誘導も行われており、こちらも人気に拍車をかけているようである。   ■『神壊のレクイエム』(「Mobage」会員のみ利用可能) スマートフォン フィーチャフォン   © KLabGames.
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る