カプコン、iPhoneソーシャルアプリ『Smurfs’ Village』と『Zombie Cafe』が合計1000万ダウンロード突破

カプコン<9697>は、2月24日、「App Store」で配信中のiPhone/iPod touch/iPad向けソーシャルゲーム『Smurfs’ Village』と『Zombie Cafe』のダウンロード数が合計1000万件を突破したと発表した。 『スマーフ・ヴィレッジ』は、2010年11月から配信を開始したソーシャルゲーム。ベルギーの歴史あるコミックから誕生した「スマーフ」のカラフルでコミカルな世界観を活かしたもので、小さな青いキャラクター「スマーフ」が主人公となり、畑を耕したり家を建てるなど自分好みの村を発展させていく。 また、『ゾンビカフェ』は1月から配信を開始したソーシャルゲーム。ユーザーは、カフェメニューを作るだけでなく100以上のアイテムを使用して、様々なゾンビを雇いながらカフェを運営していくことになる。 カプコンでは、ダウンロード1000万件を突破した要因について、幅広い顧客層に対応した多彩なミニゲームの搭載や、Facebookと連動しプレイヤー同士のコミュニケーションの促進を図るとともに、配信後でも、ユーザーの反応や意見を反映し、継続的にコンテンツを追加したことなどをあげている。 その結果、Appleの「App Store」の売上高ランキング「トップセールスApp」において55ヶ国で第1位を獲得し、iTunes Storeのユーザーレビューもユーザーの約9割が5つ星の評価をするなど、世界中の幅広い層から厚い支持を受けた、としている。   『Smurfs’ Village』 → Smurfs' Village - Capcom Interactive, Inc. 『Zombie Cafe』 → Zombie Café - Capcom Interactive, Inc.(日本発売は未定)    (c) Peyo-2010-Licensed through Lafig Belgium-www.smurf.com. All game code (c)2010 Capcom Interactive, Inc.
株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高1100億5400万円、営業利益429億900万円、経常利益443億3000万円、最終利益325億5300万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9697
企業データを見る