フジテレビとサイバーエージェント、ソーシャルアプリを共同開発-第1弾は『ドリーム戦国伝~希望の巫女~』

フジテレビとサイバーエージェント<4751>は、3月2日、ソーシャルアプリの共同開発に取り組むと発表した。 フジテレビでは、現在、保有するコンテンツとクリエイター集団を活かしたソーシャルアプリ事業を進めており、「あいのり2」(運営中)や「大奥(仮称)」(今春リリース予定)など番組連動コンテンツを展開。

一方、サイバーエージェントグループは、2月現在、登録者数100万人以上のアプリを含む計28個のモバイルソーシャルアプリを運営しており、延べ登録者数も1,000万人以上にのぼる。

今回、フジテレビの多様なコンテンツにおける企画開発力と、サイバーエージェントグループのソーシャルゲームの企画・開発・運用ノウハウを活かし、共同でモバイル向けソーシャルアプリを開発することにした、としている。

第1弾となる『ドリーム戦国伝~希望の巫女~』は、戦国時代をテーマにしたシミュレーションRPG。人気アイドルグループ「アイドリング!!!」の各メンバーが「巫女」になって登場し、武将を従え民衆を救うというゲームになっているという。

ゲームの企画は、フジテレビとサイバーエージェントグループが共同で行い、開発・運用は、「星空バータウン」「ドリームプロデューサー」「ドリームアカデミア」で豊富な実績をもつサイバーエージェントグループのCyberXが担当。モバイルソーシャルゲームプラットフォームで今春にも提供する予定。

 

■特設サイト

PCサイト :http://www.fujitv.co.jp/games/sengoku/

携帯サイト:http://www.fujitv.co.jp/games/m/sengoku/

 

(C)フジテレビジョン (C)サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
株式会社フジテレビジョン

会社情報

会社名
株式会社フジテレビジョン
企業データを見る