ドリコムとアカツキ、共同で2タイトルのソーシャルゲームを提供…『シンデレラナイン』と『姫神ブレイド』

ドリコム<3793>とアカツキは、本日(9月5日)より「mixi」で育成型ソーシャルゲーム『シンデレラナイン』と、9月14日より「GREE」で戦国ファンタジーカードゲーム『姫神ブレイド』の2タイトルを提供することを明らかにした。ドリコムがパブリッシングを担当し、アカツキが開発・運営を担当する。   ■『シンデレラナイン』 高校の女子野球部を舞台に女子高生を育成していく、育成型ソーシャルゲーム。それぞれ性格の違う多彩なキャラクターを1人ずつスカウトしてチームを結成したら、練習や試合を積み重ねて強化し、全国制覇を目指す。Mobage、GREEで提供されており、30万人以上のユーザーが登録している。誰にでも馴染みの深い学校や野球を題材としているため、今回新たに提供を開始するmixiでもヒットすると判断したという。   スマートフォン版 フィーチャーフォン版     ■『姫神ブレイド』 妖魔と神仏が混在する戦国時代が舞台。戦国武将となったプレイヤーは、妖魔や神仏、武将を『家臣』にし、自分だけの最強の軍勢を創り上げ天下無双を目指す。家臣の獲得や進化、定期開催される「妖帝バトル」などを通して家臣たちの個性的な物語が楽しめる。 また秘宝を集めることで、人と妖魔の王の間に生まれた『妖女』を嫁として妖奥に迎え入れることができる。妖女のレベルを上げることで、表情や言葉に喜怒哀楽の変化が生じ、さらに「妖帝バトル」で絶大な効果を発揮する妖女専用の奥義を覚えられるなど、ソーシャルゲームにおいて新しい機能への挑戦もしている。   スマートフォン版 フィーチャーフォン版   両社では今回、「姫神ブレイド」や「シンデレラナイン」などのヒットタイトルを持つアカツキのソーシャルゲーム制作・運営ノウハウと、GREEで『戦国フロンティア』や『ドラゴン×ドライツェン』、mixiでは『ビックリマン』や『ちょこっとファーム』など複数のプラットフォームでヒットタイトルを持つドリコムのマーケティングノウハウを組み合わせることで、多くのユーザーの獲得が可能と判断したようだ。
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3793
企業データを見る
株式会社アカツキ
http://aktsk.jp/

会社情報

会社名
株式会社アカツキ
設立
2010年6月
代表者
代表取締役CEO 香田 哲朗
決算期
3月
直近業績
売上高310億9600万円、営業利益112億9400万円、経常利益111億5200万円、最終利益63億4500万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3932
企業データを見る