新規上場企業の紹介…コロプラ(東証マザーズ・3668)

コロプラ<3668>が12月13日に東証マザーズに上場する。 同社は、03年5月、同社代表取締役社長の馬場 功淳氏が位置情報を利用したゲームアプリ「コロニーな生活」を提供する個人事業としてスタートした。その後、05年に「コロニーな生活☆PLUS」に改良し、2008年10月、株式会社として設立された。 その後、同ゲームの提供と提携店舗を増やしつつ、10年11月より位置情報ゲームプラットフォーム「コロプラ+」をリリースし、スマートフォンアプリ「Kuma the Bear」ブランドを立ち上げた。さらに「秘宝探偵キャリー」や「プロ野球PRIDE」、「恐竜ドミニオン」といったオンラインゲームアプリも提供し、そのダウンロード数は累計1400万件を超える。   ■12年9月期は経常益163%の見込み 業績については、11年9月期は増収減益だったものの、12年9月期はスマートフォンアプリの収益が貢献し、大幅な増収増益となる見通し。売上高50億7100万円(前期比122%増)、経常利益14億9900万円(同163%増)、当期純利益7億7800万円(同175%増)で、続く13年9月期も50%超の増収増益を見込む。同社のエクイティストーリーも興味深い点である。     ■様変わりする収益構造 興味深い点は、収益構造が大きく変化している点だろう。第3四半期の売上高(22億8300万円)に占める販売先上位を見ると、Appleが14.1%の4億0940万円、Googleが27.5%増の8億円となり、App Store、Google Play経由の売上高が爆発的に伸びていることがわかる(関連記事)。2011年9月期は、Appleが0.5%であり、Google向けは計上されていなかったのだ。その一方、キャリア決済の比率は42.5%から24%に低下した。ドコモ経由の販売の落ち込みも目立つ。位置ゲームが相対的に低下する一方、スマートフォン向けソーシャルゲームが急激に伸びたことがわかる。     なお、上場に伴って、総額22億4600万円を調達する予定。かなりの大型上場といえる。全額運転資金に充当し、既存事業の拡大に関する人件費として7億2000万円、採用費として3億円、広告宣伝費の増加分として3億7500万円、サーバー関連費用として1億7000万円を充当する予定。     〈会社概要〉 本社=東京都渋谷区恵比寿4-20-3 URL=http://colopl.co.jp/ 社長=馬場 功淳 設立=08年10月 発行済株式数=789万2100株(上場時) 資本金=5億0600万円(12年9月30日現在) 大株主=馬場 功淳597万2900株(77.3%)、千葉 功太郎45万1800株(5.9%)、KDDI34万株(4.4%)、ジャフコSV3-1号投資事業有限責任組合32万6600株(4.2%)、長谷部 潤9万4800株(1.2%)、吉岡 祥平8万8800株(1.2%)   〈上場要項〉 公開株式数=132万~145万2000株(公募=78万株、売出し=54万株、オーバーアロットメントによる売出し=13万2000株) 仮条件=2700~3000円 ブック・ビルディング期間=11月27~12月3日 公開価格=12月4日 申込期間=12月6日~11日 払込期日=12月12日 売買単位=100株 主幹事証券=大和証券  
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る