クリーク・アンド・リバーとピコロジー、カードバトルゲーム『女神シンフォニア』をMobageでリリース

クリーク・アンド・リバー社<4763>とピコロジーは、「Mobage」で、ソーシャルゲーム『女神シンフォニア』の提供を開始した。フィーチャーフォンとスマートフォンに対応している。基本プレイ無料のアイテム課金制。 本作は、混沌とした女神の住む楽園「神世界シンフォニア」で、ユーザーが新たに楽園を創造し統治する「最高神」を目指すカードゲームバトル。最高神候補であるプレイヤーは、クエスト(課題)をクリアしながら、女神のカードを集め育成し、その女神たちとともに最高神となるべく様々な敵と戦っていく。 同じカードを手に入れると発動する自動合体や、女神合体(合成)、バトルを行なうと、女神カードが育っていく。攻撃力や防御力が上昇するとともい、親愛度と呼ばれるパラメーターも上がり、一定の数値に達すると、その女神のプロフィールが明かされるという。 またクエスト中、亜空間「ケイオスゲート」に突入することがある。内部を探索すると、レアガチャ券や女神などが入手しやすくなるものの、3分以内にボスを倒せなかったり、遭遇する敵に負けたりすると全て奪われてしまう。     ■『女神シンフォニア』 スマートフォン フィーチャーフォン   (C)クリーク・アンド・リバー社/Picology.inc
株式会社クリーク・アンド・リバー社
http://www.cri.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社クリーク・アンド・リバー社
設立
1990年3月
代表者
代表取締役社長 井川 幸広
決算期
2月
直近業績
売上高373億1400万円、営業利益24億4700万円、経常利益24億8500万円、最終利益16億4700万円(2021年2月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4763
企業データを見る