サイバーエージェント、「Amebaスマホ」のコンテンツを利用した広告商品の販売開始

サイバーエージェント<4751>は、本日(1月24日)、スマートフォン向けコミュニティ&ゲーム SNS「Ameba」内のサービスを利用したタイアップ広告「Amebaソーシャルゲーム&コミュニティタイアップ」の販売を開始すると発表した。 今回販売される広告商品は、スマートフォン向け「Ameba」で提供中の「Candy」「girl's pic」といったコミュニティサービスや、「天下統一クロニクル」「天空のクリスタリア」「mogg」「ブーシュカ」といったゲームを利用し、プロモーションの特性に合わせてタイアップ企画を展開できる広告商品。例えば、特定のテーマに特化した写真共有コミュニティでの写真投稿キャンペーンの実施や、ソーシャルゲームでオリジナルカードやアイテムなどをプレゼントするキャンペーンなどが想定されるという。 同社では、現在、スマートフォン広告の販売を強化しており、ネット広告の全取扱高におけるスマートフォンの割合は、約30%にのぼる。今回の新商品をはじめ、2013年6月までに新たにスマートフォン広告100商品の開発・販売を目指しており、2013年9月にはインターネット広告の全取扱高におけるスマートフォン広告の割合は50%にまで達すると見込まれる、としている。
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る