ミクシィ、第3四半期決算は増収増益…ソーシャルゲームの課金売上が倍増

ミクシィ<2121>は、本日(2月6日)、第3四半期(2012年4~12月期)の連結決算を発表し、売上高99億2200万円(前年同期比4.1%増)、営業利益23億4200万円(同69.0%増)、経常利益23億4900万円(同91.6%増)、四半期純利益16億2100万円(同241.7%増)だった。     大幅な増収増益となったが、これはSNS「mixi」で配信するソーシャルゲームなどの課金収益が大きく伸びたことが主な要因だった。セグメント別の状況は以下のとおり。 ■ソーシャルネット事業は、売上高91億5900万円(同3.9%増)、セグメント利益35億3500万円(同34.5%増)だった。課金売上高においてスマートフォンアプリの課金が堅調に推移した。広告売上高については、スマートフォン広告メニューの整備を進め、順調に拡大したものの、フィーチャーフォン広告が減少し、広告収益は37.9%減となった。     ■Find Job !事業は、売上高7億2900万円(同2.3%増)、セグメント利益5億9800万円(同0.3%増)だった。Web業界の求人動向は引き続き採用が活発であり、収益面でも堅調に推移してきたとのこと。   ■2013年3月期の見通し 2013年3月期は、売上高125億円~130億円(前期比6.3%~2.5%減)、営業利益24億円~26億円(同9.4%~18.5%増)、経常利益24億円~26億円(同13.9%~23.4%増)、当期純利益16億円~18億円(同113.4%~140.1%増)を見込む。     今春予定しているディー・エヌ・エーとの業務提携によるスマートフォン版「mixiゲーム」のリニューアルを控え、リニューアル前の新規タイトルの抑制や、期中におけるソーシャルゲーム新ガイドラインへの対応などの影響により、課金売上の見込を減額修正した。来期は新規タイトルの大幅な拡充が見込まれるという。 一方、事業スピード向上にむけた内製化などによりコスト抑制に成功し、営業利益については当初計画の下限値を上回る見通し。また、昨年9月11日に公表した関連会社株式の売却により特別利益も発生する。
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る