18年4-6月決算、壽屋(コトブキヤ)に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 壽屋、18年6月期は売上高10%増、営業益43%増と2ケタ超...

壽屋、18年6月期は売上高10%増、営業益43%増と2ケタ超の増収増益に アニメ「フレームアームズ・ガール」のヒットで関連製品が好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
壽屋(コトブキヤ)<7809>は、8月13日、2018年6月期の決算(非連結)を発表、売上高88億1100万円(前々期比10.0%増)、営業利益6億8000万円(同43.9%増)、経常利益6億1500万円(同41.3%増)、最終利益4億1900万円(同67.1%増)となった。
 

卸売販売は、国内において、2016年4月に放送された同社初の映像製作事業として制作したアニメーション作品「フレームアームズ・ガール」のヒットにより、「フレームアームズ・ガール」製品と、その関連製品である「フレームアームズ」「モデリング・サポート・グッズ」などが引き続き好調な推移を見せた。その他、自社IP製品である「メガミデバイス」「ヘキサギア」も堅調な推移をみせ、業績をけん引した。また、国内物流に係るコストの上昇、生産委託先である中国の人件費上昇に伴う製品原価の高騰など、利益率を圧迫する要因がある一方、生産効率のアップや業務の効率化を推進した。

海外では、北米・欧州地域において2017年12月にスター・ウォーズ最新作映画「最後のジェダイ」が公開され、スター・ウォーズ人気はいったん落ち着きを見せ、アメリカンコミックスのDC COMICS関連製品が堅調に推移した。アジア地域においては、国内と同様に「フレームアームズ・ガール」シリーズを中心に「メガミデバイス」などの自社IPのプラモデル製品が好調な結果となった。

直営店舗による小売販売は、海外からのインバウンド客は依然として増加傾向にありますが、商品購入における単価は低下した。店舗運営は、POSを活用した販促施策を継続して行っており、各種催事やイベントを実施するなど、店舗集客を目的とした施策にも取り組んだ。また、ECサイトによる通信販売は、他社との差別化として直営店舗限定商品やノベルティーアイテムの開発を継続して積極的に推進した。特に自社IPである「フレームアームズ・ガール」シリーズを中心に「メガミデバイス」などの売上が好調に推移したが、配送コストは上昇傾向にあり、その対策にも取り組んだ。

その他の事業面では、自社IPのアニメーション作品「フレームアームズ・ガール」が他企業へのライセンスアウトによる版権収入の増加など、コンテンツとして着実に成長を続けた。

なお、2019年6月期通期の予想については、売上高92億円(前期比4.4%増)、営業利益7億5000万円(同10.2%増)、経常利益7億円(同13.7%増)、最終利益4億5500万円(同8.4%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年4-6月決算壽屋(コトブキヤ)

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事