東京ゲームショウ2018(TGS2018)、f4samuraiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【TGS2018】『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』...

【TGS2018】『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』ステージレポート…堀江一眞さんと明坂聡美さんがギルドバトルを実機プレイ!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

9月20~23日までの期間、千葉県・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2018」。

セガゲームスブースでは9月20日15:30より、『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』のステージイベントが行われた。本稿では、その模様をレポートしていく。
 

■10vs10でワイワイ盛り上がれるGvGを搭載


ステージが始まると、まずは開発スタッフであるセガゲームス 開発ディレクターの熊澤南氏、f4samurai 運営ディレクターの村松志紘氏、さらに声優の堀江一眞さん、明坂聡美さんが登壇。順に挨拶を行った後、ゲーム紹介となる映像を上映した。
 

▲セガゲームス 開発ディレクターの熊澤南氏(写真右)と、f4samurai 運営ディレクターの村松志紘氏(写真左)。


▲ヴァレント役の堀江一眞さん(写真左)と、クロラ役の明坂聡美さん(写真右)。ゲームの紹介映像を見た明坂さんからは「自分が演じたキャラ以外も凄く魅力的で、早く遊んでみたいと思いました」と期待を覗かせるコメントも。

 
 
 
▲キャラとレーンを組み合わせて戦う「ドライブレーンバトル」や、10vs10の大乱闘スポーツ「アストロボール」といった点が本作の特徴となっているようだ。

続いて、村松氏よりゲームの世界観についての説明が行われた。本作では、ピノと、ピノと契約を結んで"重力使い"となった人間のみが大空を自由に舞うことができるという。ピノは、行方不明となった父の手掛かりを探すため、「空の果て」を目指して冒険を繰り広げていくとの話だった。

また、本作の脚本原案は「仮面ライダー電王」や「侍戦隊シンゲンジャー」などの特撮テレビドラマ、「進撃の巨人」や「ジョジョの奇妙な冒険」などのアニメ作品を手掛けたことで知られる小林靖子さんが担当している。小林さんがゲームの脚本原案を担当するのは初となるが、村松氏は「スタッフの中に大ファンがいたことと、シリアスな展開や伏線回収の巧みさに惹かれてお願いすることになりました」と小林さんに脚本原案を依頼した経緯を明かした。


▲キャッチコピーは「真実は『底』にある――。」。ポップなイラストとは裏腹に、シリアスな物語が展開されるとのこと。

そのほか、本作のオープニング主題歌はMrs. GREEN APPLEが奏でる『SPLASH!!!』となっている。Mrs. GREEN APPLEにはゲーム好きのメンバーが揃っているので、今後、何か一緒に取り組みができればとの展望も語られた。




ここからは登場キャラクター紹介へ。イラストをポップにした理由について熊澤氏は「シリアスさとコミカルさが入り混じったシナリオがより引き立つように」、さらに「国内では敬遠されがちなGvGというジャンルをより多くの方に届けたい」という想いからテイストを決定したと説明した。




また、本ステージでは堀江さんが演じる「ヴァレント」や明坂さんが演じる「クロラ」についても詳細が明かされた。


▲全様が分からない世界を解明するべく世界地図を作るという野望を持って冒険している。クールで二枚目なキャラに仕上がっているとのことだ。堀江さんからは「過去に重い事件を経験している」という情報も。


▲豪快で少し親父っぽいところもあるというクロエ。ステージでは、お酒をよく飲むところが明坂さんに似ているという話も繰り広げられた。

次はいよいよ実機プレイのコーナーへ。まずは壇上の4人でチームを組み、10vs10の「アストロボール」に挑むこととなった。

「アストロボール」は、制限時間内に敵を攻撃することでより多くのポイントを獲得できたチームの勝利となる。仲間と攻撃を繋げればチェインを繋げることができ、10チェインごとに大量にポイントを稼ぐことができるシュートを撃てるということが説明された。また、行動には「BP」が必要で、BPを如何にして使用するかが対戦のカギになるとの話だった。


 
 

次に、堀江さんが「曜日クエスト」の超級をプレイ。明坂さんは「サロン」でアバターを着せ替えする模様を披露した。なお、ゲーム部分は既にほぼ完成しているため、現在はサービス開始後のイベントやアップデートなど先の展開を検討しているとのこと。熊澤氏は、なるべく早くサービス開始できるように尽力したいと語った。

 
 
▲ソロで挑むクエストは、各ターンごとに3つのコマンドを選択して攻撃を仕掛けるシステムとなっているようだ。

 
▲上半身や下半身、髪型だけでなくボイスの変更も可能とのこと。

最後に、村松氏からサービスイン後の展開が下記の通りに発表され、本ステージの締めとした。

・3ヶ月に1回のアストロボールの世界大会
・着せ替えたアバターで集まりチャットで交流できるビジュアルロビー
・ロビーで仲良くなった仲間と遊べるプチアストロボール
・新キャラ登場&毎月の新章追加




 
(取材・文 編集部:山岡広樹)



■『ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~』

 

公式サイト

公式Twitter



© SEGA ・f4samurai
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~f4samurai東京ゲームショウ2018(TGS2018)

企業情報(株式会社セガゲームス)

会社名 株式会社セガゲームス
URL http://sega-games.co.jp/
設立 2015年4月
代表者 里見治紀
決算期 3月
直近業績 売上高683億円、営業利益64億円、経常利益77億円、最終利益60億円(2018年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社f4samurai)

会社名 株式会社f4samurai
URL http://www.f4samurai.jp/
設立 2010年1月
代表者 金 哲碩
決算期
直近業績
上場区分
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事