18年10-12月決算、サイバーエージェントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報2】サイバーエージェント、ゲーム事業は第2四半期は収益...

【速報2】サイバーエージェント、ゲーム事業は第2四半期は収益回復へ 主力タイトルが周年、年初から売上も回復

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長(写真)は、本日(1月30日)開催の第1四半期決算説明会で、ゲーム事業の第2四半期(2019年1~3月)の業績については「回復する」との見通しを示した。

『グランブルーファンタジー』をはじめ、『プリンセスコネクト!Re:Dive』、『バンドリ!ガールズパーティ!』などが周年記念を迎える。一般的に周年キャンペーンやイベントなどを行うため、売上が伸びる傾向にあるためだ。さらに既存の各タイトルの売上が年初から回復していることや広告宣伝費の削減なども寄与する。
 


なお、第1四半期(10~12月)は、売上高が363億円(前四半期比QonQで1.3%減)、営業利益が31億円(同26.3%減)と増収減益だった。任天堂<7974>との共同タイトル『ドラガリアロスト』が寄与したものの、「既存が結構落ち込んだ」。営業利益については広告宣伝を積極的に展開したことに加え、年末に実施したフェスも影響した。
 


 
(編集部・木村英彦)


なお、『ドラガリアロスト』については、初月で30億円を超える売上を達成するなど好調なスタートだったことを受けて、積極的に広告宣伝費を投下していったという。ただ、「(広告宣伝の効果で)ユーザーが増えたものの、課金売上が増えづらい状況だった」(藤田社長)と明かした。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 18年10-12月決算サイバーエージェント

企業情報(株式会社サイバーエージェント)

会社名 株式会社サイバーエージェント
URL http://www.cyberagent.co.jp/
設立 1998年3月
代表者 藤田晋
決算期 9月
直近業績 売上高3713億円、営業利益307億円、経常利益287億円、最終利益40億円(2017年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 4751

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事