18年10-12月決算、enishに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > enish、2018年12月期は24%増収・赤字幅縮小 『欅...

enish、2018年12月期は24%増収・赤字幅縮小 『欅のキセキ』など貢献 『De:Lithe』やIPタイトルなど新作3タイトルを開発中

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
enish<3667>は、本日(2月13日)、2018年12月期の決算を発表し、売上高54億4900万円(前の期比24.3%増)、営業損益7億1600万円の赤字(前の期9億1400万円の赤字)、経常損益7億1200万円の赤字(同9億1100万円の赤字)、最終損益7億1900万円の赤字(同9億8200万円の赤字)だった。

 


『欅坂46』初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」が貢献し、赤字幅が縮小した。同タイトルは、累計350万ダウンロードを突破し、1周年を迎えた現時点でも、AppStoreでは「4.8」GooglePlayでは「4.5」とユーザーから高い評価を得ている。今後もリアルインセンティブの強化、コンテンツの拡充、コラボ企画等の施策を実施し、収益基盤の安定化に努める、としている。

サービス開始から8年目に突入したブラウザタイトル「ぼくのレストラン2」「ガルショ☆」は、新機能の追加や継続的なコラボの実施、コストコントロールにより収益水準を維持した。

なお、2019年のリリースに向け、自社のノウハウを生かしたオリジナルタイトル『De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~』と、他社IPを生かしたタイトルの2本を鋭意開発中であり、その開発コストが計上されたという。

このほか、非ゲーム事業において、ファッションレンタルサービス「EDIST.CLOSET」を運営していたが、2018年12月に経営資源の選択と集中の観点から、アドベンチャーに事業譲渡した。これにより、経営資源をより得意分野であるゲーム事業に集約することで、経営効率化による業績の改善と更なる企業価値向上を図っていく。

なお、2019年12月期の見通しは非開示。現時点で合理的な業績予想の算定ができないため、としている。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社enish)

会社名 株式会社enish
URL http://www.enish.jp/
設立 2009年2月
代表者 安徳孝平
決算期 12月
直近業績 売上高43億8200万円、営業損益9億1400万円の赤字、経常損益9億1100万円の赤字、当期純損益9億8200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3667

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事